コンテンツへスキップ

物件ごとの決めパターンをつくる

こんにちは。
空室対策コンサルタント尾嶋健信です。

空室を減らすのに
大切なのが

「決めパターン」

をつくることです

決めパターンとは
物件成約までの
流れのことです

「不動産会社の選択」

「リフォームの手配」

「マーケティング活動」

など物件成約までの
流れをあらかじめ
つくっておきます

この流れに沿って
空室対策を
進めていきます

ただ
決めパターンを進める中で
改善点が浮かぶことも
しばしばです

実はこれが
決めパターンの狙いでも
あります

常に改善をして
最適な流れを
築いていくのです

初めにつくった
決めパターンで
全て上手くいくのは
稀です

失敗と改善を
繰り返しながら
パターンの精度を
高めていきます

決めパターンを
継続するには
忍耐力も必要です

我慢強く
サイクルを繰り返す先に
空室率改善が
見えてきます

・==・==・==・==・==・==・==・=
不動産を購入して
空室をゼロにするための方法を
LINE@で配信しています。
最新空室対策セミナーを
無料配布させていただいております。
↓ご登録はこちら↓
https://landing.lineml.jp/r/1598308196-M0xzYg4j?lp=yFa3sO

情報だけでも受け取ってくださいね。
=・==・==・==・==・==・==・==・

空室対策メールマガジン

空室対策メールマガジンでは実践による成功事例や運用ノウハウを定期的にお届けしています。