コンテンツへスキップ

リフォームはコスト削減を意識しすぎない!

こんにちは。
空室対策コンサルタント尾嶋健信です。

物件をリフォームして
売りに出す場合は
リフォームの目的を
明確にする必要があります

単に

「部屋を綺麗にしたい」

という考えでは
リフォームの先が
見えてきません

あくまでも

「物件を成約に導く」

ためのリフォームです

仮に単身者向けの
物件をリフォームする
場合は

「インターネット設備」

「防犯カメラ」

などの機能があると
喜ばれます

特に
女性の単身者の場合
セキュリティ面が
気になることが多いです

物件に監視カメラが
ついていれば
単身女性のニーズを
がっちり掴めます

反対に
ファミリー向け物件を
リフォームするのであれば

「お風呂の追い炊き機能」

「床暖房」

などが人気です

どの層にターゲットを
絞るか決めた後
リフォームを行うように
してください
・==・==・==・==・==・==・==・=
不動産を購入して
空室をゼロにするための方法を
LINE@で配信しています。
最新空室対策セミナーを
無料配布させていただいております。
↓ご登録はこちら↓
https://landing.lineml.jp/r/1598308196-M0xzYg4j?lp=yFa3sO

情報だけでも受け取ってくださいね。
=・==・==・==・==・==・==・==・

空室対策メールマガジン

空室対策メールマガジンでは実践による成功事例や運用ノウハウを定期的にお届けしています。