コンテンツへスキップ

室内写真もぬかりなく!

こんにちは。
空室対策コンサルタント尾嶋健信です。

物件を選ぶ人にとって
室内写真は
重要な情報源です

室内写真を見て
内見に来る人も
多数います

室内写真を
良いものにすれば
それが空室対策に
繋がる訳です

室内写真で
差別化するには

「一眼レフカメラ」

を使って撮ることです

可能であれば

「広角レンズ」

の使用をお勧めします

というのも
多くの室内写真は

「デジタルカメラ」

で撮影されているため
一眼レフと比べて
解像度があらいです

一眼レフカメラで撮れば
それだけで画質に
差が付きます

部屋全体が綺麗に
見えますので
印象も良くなりますよ

室内写真を撮る際は
必ず

「水回り」

も撮るように
しましょう

入居者の関心が
高い部分なので
この写真がないと
マイナスです

あとは
部屋全体が見えるように
写真を撮るのも
ポイントですね
・==・==・==・==・==・==・==・=
不動産を購入して
空室をゼロにするための方法を
LINE@で配信しています。
最新空室対策セミナーを
無料配布させていただいております。
↓ご登録はこちら↓
https://landing.lineml.jp/r/1598308196-M0xzYg4j?lp=yFa3sO

情報だけでも受け取ってくださいね。
=・==・==・==・==・==・==・==・

空室対策メールマガジン

空室対策メールマガジンでは実践による成功事例や運用ノウハウを定期的にお届けしています。