コンテンツへスキップ

物件のネーミングは意外と大事

こんにちは。
空室対策コンサルタント尾嶋健信です。

物件のネーミングは

「重要でない」

と思っている人が
多くいます。

ただ
物件のネーミングは
思った以上に
大切なものです。

というのも
物件のネーミングが

「入居者のエゴ」

を満たすからです。

たとえば

「マンション」

という名称と

「コーポ」

という名称です。

どちらが高級感が
あるかと言えば
前者の方ですね。

「コーポ」

という名前が

「古い」

イメージを
与えてしまう
可能性があるのです。

若い層を
狙うのであれば
高級感漂う名前の方が
ウケが良いです。

逆に
高齢の方を
ターゲットにする場合は

「コーポ」

のように古い雰囲気が
でる名前のほうが良い
場合があります。

周りの物件と
名称が被るのも
避けましょう。

物件があるエリアの
特徴を踏まえて
ネーミングにも
こだわるのが最善ですよ。

・==・==・==・==・==・==・==・=
不動産を購入して
空室をゼロにするための方法を
LINE@で配信しています。
最新空室対策セミナーを
無料配布させていただいております。
↓ご登録はこちら↓
https://landing.lineml.jp/r/1598308196-M0xzYg4j?lp=yFa3sO

情報だけでも受け取ってくださいね。
=・==・==・==・==・==・==・==・

空室対策メールマガジン

空室対策メールマガジンでは実践による成功事例や運用ノウハウを定期的にお届けしています。