コンテンツへスキップ

募集対象を絞り込む!

こんにちは。
空室対策コンサルタント尾嶋健信です。

賃貸を売りに出す際

「募集対象」

を絞り込むことも
大事になってきます。

どのような層に
賃貸を売りに
出すのか?

それによって
条件を変えていく
必要があります。

例えば

「フリーター」

の層をターゲットに
する場合は

「初期費用を安くする」

と成約率が高くなります。

フリーターを
ターゲットにしてるのに
初期費用を高くしたら
入居者は集まりません。

また

「二人暮らし」

の層を狙うのであれば
ワンルームでも

「二人入居可」

の条件を加えれば
希望者が増えてきます。

自分が保有する物件と
他の物件を比べて
差別化していくことが
重要になります。

自分の物件にしかない
優良条件を付けるのが
ベストです。

入居者の層によって
ニーズは異なってきます。

そのニーズを
上手く汲み取っていく
ことも大切ですね。

・==・==・==・==・==・==・==・=
不動産を購入して
空室をゼロにするための方法を
LINE@で配信しています。
最新空室対策セミナーを
無料配布させていただいております。
↓ご登録はこちら↓
https://landing.lineml.jp/r/1598308196-M0xzYg4j?lp=yFa3sO

情報だけでも受け取ってくださいね。
=・==・==・==・==・==・==・==・

空室対策メールマガジン

空室対策メールマガジンでは実践による成功事例や運用ノウハウを定期的にお届けしています。