コンテンツへスキップ

募集条件は慎重に決める

こんにちは。
空室対策コンサルタント尾嶋健信です。

空室を埋める上で
大切になってくるのが

「募集条件」

です。

募集条件は
公式の中で言う

「ソフト」

の部分にあたります。

入居希望者からすれば
賃料や初期費用は
安い方が好まれます。

ただ
むやみに
ディスカウントする
必要はありません。

あくまでも

「周りの同型物件」

と比較した上で
賃料を決めるように
しましょう。

同型の部屋を
それぞれ異なる条件で
販売してみるのも
良いです。

どの条件の物件が
売れるのか検証して
次の販売に活かします。

どうしても
エリアによって
価格感が変わってきます。

それを正確に
把握するには
最初は実験的に
販売するしかないです。

もう一度
強調しておきますが

「過度な安売り」

は避けてください。

あくまでも

「相場での販売」

を意識して
敷金や礼金で
お得感を出すように
しましょう。

・==・==・==・==・==・==・==・=
不動産を購入して
空室をゼロにするための方法を
LINE@で配信しています。
最新空室対策セミナーを
無料配布させていただいております。
↓ご登録はこちら↓
https://landing.lineml.jp/r/1598308196-M0xzYg4j?lp=yFa3sO

情報だけでも受け取ってくださいね。
=・==・==・==・==・==・==・==・

空室対策メールマガジン

空室対策メールマガジンでは実践による成功事例や運用ノウハウを定期的にお届けしています。