コンテンツへスキップ

ちょっとした工夫が大事

こんにちは。
空室対策コンサルタント尾嶋健信です。

入居者候補の人が
最終的に物件を
決めるタイミングは

「内見」となります。

実際に物件を見て
イメージ通りの
部屋かどうか

確認をする大事な
瞬間です。

この瞬間を少しでも
良いものにできれば

物件の成約率も
飛躍的に高まります。

ほんのひと工夫で
良いのです。

たとえば、夏場の
内見であれば

あらかじめクーラーを
入れて、涼しくしておく

こうすることで
その物件の第一印象が
良くなります。

寒い日であれば
暖房をつけておく等

ちょっとした気遣いが
大事になってきます。

どのような仕事でも
同じことが言えますが

相手のことをどこまで
考えられるか

そして、それを
どこまで実行できるか

これらの点に
成果が左右されると
言っても過言でないです。

物件を借りるのは
人ですので

人が満足度を得られる
行動をとるように
しましょう。

・==・==・==・==・==・==・==・=
不動産を購入して
空室をゼロにするための方法を
LINE@で配信しています。
最新空室対策セミナーを
無料配布させていただいております。
↓ご登録はこちら↓
https://landing.lineml.jp/r/1598308196-M0xzYg4j?lp=yFa3sO

情報だけでも受け取ってくださいね。
=・==・==・==・==・==・==・==・

空室対策メールマガジン

空室対策メールマガジンでは実践による成功事例や運用ノウハウを定期的にお届けしています。