コンテンツへスキップ

営業マンとのタッグが空室を埋める

こんにちは。
空室対策コンサルタント尾嶋健信です。

マンション経営をしていると
どうしても気になるのが空室です。

自分が保有しているマンションは
自分が貸し出しにいく訳ではないです。

担当の営業マンが自分の
代わりに顧客と会います。

いわば、営業マンは
「自分の分身です」

その自分の分身と
密なコミュニケーションを
とっておく必要があります。

今は、連絡にLINEやFacebookの
メッセンジャーを使うのが主流に
なっています。

メールや電話を使う人も
いますが、スピード面で
遥かに劣ります。

世代的に、LINE、メッセンジャーを
使うことに抵抗がある方も
いると思います。

ただ、便利なものはどんどん
取り入れていくことが
自身の成功につながります。

自分の物件を営業マンに
売ってもらう

その点にフォーカスして
空室を減らしていきましょう。

不動産に関するお悩みがありましたら
気軽にメッセージ下さいね。

======================
不動産を購入して
空室をゼロにするための方法を
LINE@で配信しています。

最新空室対策セミナーを
無料配布させていただいております。

↓ご登録はこちら↓
https://landing.lineml.jp/r/1598308196-M0xzYg4j?lp=yFa3sO

情報だけでも受け取ってくださいね。
======== ======== ========

空室対策メールマガジン

空室対策メールマガジンでは実践による成功事例や運用ノウハウを定期的にお届けしています。