コンテンツへスキップ

あの手この手で連絡しました

こんにちは。
空室対策コンサルタント尾嶋健信です。

管理会社や仲介営業マンが
私と連絡を取りたいときは
基本メールで連絡が来ます。

それをその場で決済するか、
投資家さんに相談するわけです。

この方法だと24時間以内に必ず返信あるので
それでいい、という場合はそれで解決します。

私が面白いな、と感じるのは
緊急性があるときの、それぞれの連絡方法が
一様に違うのです。

ひたすらメール。
これはまず、気づかないです(笑)

見たら連絡してます。

ひたすら携帯を鳴らす。

これは携帯を確認することで
折り返せる確率は高いです。

ですが、会社の電話からの連絡で
18時以降留守電になってしまうところは
私から連絡してもかからないです。

自分の携帯から電話して折り返しを待つ。

これはほぼ電波がつながれば折り返せます。

自分の携帯にSMSを送る。

これはかなりの確率で何かあるな?と思います。

めったにないので。

携帯メール。
チェックしないので気づかないです。

弊社の会社に連絡。

これはかなり困ります(笑)が手堅いです。

パート社員さんがうるさいですから(笑)

ここで何がいいたいかと申しますと
滞納事故とか何らかの形で連絡をしたいときに
様々な連絡方法がある、ということです。

私自身に連絡を取るのはかなり手段は
限定されますが、入居者さんであれば
FB、ラインなど様々ある、と思います。

連絡方法はあの手この手ありますから
工夫してみることをおススメします。

=================================
不動産を購入して
空室をゼロにするための方法を
LINE@で配信しています。

最新空室対策セミナーを
無料配布させていただいております。

↓ご登録はこちら↓
https://landing.lineml.jp/r/1598308196-M0xzYg4j?lp=yFa3sO

情報だけでも受け取ってくださいね。
===================================

空室対策メールマガジン

空室対策メールマガジンでは実践による成功事例や運用ノウハウを定期的にお届けしています。