コンテンツへスキップ

不動産管理会社担当者に言われました「この条件のままでいきましょう」

こんにちは。
空室対策コンサルタント尾嶋健信です。

数年前まで繁忙期は、不動産賃貸物件の
入退去の量が閑散期に比べて3倍になる
と言われていました。

今は3倍ほどはないかもしれませんが
閑散期と比較するとかなりある、と思います。

つまりあなたの管理会社の担当者は、
この時期、めっちゃ忙しいのです。

その時に、管理物件に退去があった
その直前に決まった部屋があったら
担当者は必ず言ってきます。

「このままの条件でいきましょう」と。

そんな時は、「OK」という言葉を
グッとこらえてライバル物件を
よくリサーチしてみることをおススメします。

「このままでいこう」

と確信にいたるかもしれないですし
ひょっとしたら、値上げできるかもしれないのです。

どんなに管理会社の担当者とズブズブで
仲良くて信頼していたとしても
経営者はあなたですので
ここはグッとこらえて丁寧に
ひと手間かける価値があると考えます。

このひと手間が、あなたの意識と
賃貸経営に有益となりますので
すぐに「OK」と
言わないことをおススメします。

1室でも空室でお困りのオーナー様
お気軽にメッセージくださいね。

=================================
不動産を購入して
空室をゼロにするための方法を
LINE@で配信しています。

最新空室対策セミナーを
無料配布させていただいております。

↓ご登録はこちら↓
https://landing.lineml.jp/r/1598308196-M0xzYg4j?lp=yFa3sO

情報だけでも受け取ってくださいね。
===================================

空室対策メールマガジン

空室対策メールマガジンでは実践による成功事例や運用ノウハウを定期的にお届けしています。