コンテンツへスキップ

不動産経営で入居希望者を滞納保証会社に売込む方法

こんにちは。
空室対策コンサルタント尾嶋健信です。

入居希望者が無職だから、とにべもなく
滞納保証会社が審査落ちするケースがあります。

しかしながら、過去実績のある管理会社であり
かつ入居希望者がトラブルをおこさない無職
であると判断した場合は積極的に滞納保証会社に
入居希望者を売り込んだ方がお得です。

「その入居希望者の前職は公務員ですよ」

「その入居希望者に年金暮らしの連帯保証人をつけますよ」

などなど、審査を通すための切り口は
それこそ山のようにあります。

そういう可能性を打診せず
無職だからダメでした。というのであれば
それは不動産投資家に対して機会損失ですし
また滞納保証会社に対しても
機会損失になるわけです。

いまどきの滞納保証会社は上司にかけあえば
マニュアル一辺倒ではないはずです。

そういう白か黒でもないグレーに対して
積極的にかかわってくれる滞納保証会社と
不動産投資家、管理会社、そして私は
関係性を持つべきでしょう。

マニュアル一辺倒で四角定規な対応しかしない
滞納保証会社はいざ入居者が滞納したときも
臨機応変に対応できませんので
契約を切った方がむしろお得と言えますね。

1室でも空室でお困りのオーナー様
お気軽にメッセージくださいね。

=================================
不動産を購入して
空室をゼロにするための方法を
LINE@で配信しています。

最新空室対策セミナーを
無料配布させていただいております。

↓ご登録はこちら↓
https://landing.lineml.jp/r/1598308196-M0xzYg4j?lp=yFa3sO

情報だけでも受け取ってくださいね。
===================================

空室対策メールマガジン

空室対策メールマガジンでは実践による成功事例や運用ノウハウを定期的にお届けしています。