コンテンツへスキップ

雑と丁寧と先送りの分かれ目

こんにちは。

空室対策コンサルタント尾嶋健信です。

先送りをやめる事で注意しなけれならない事があります。

先送りはやめると決めたから

「とりあえず行動しよう!」
となると行動が雑になる可能性が残ります。

それゆえ、

「丁寧に行いたいので先送りしよう」

となるのですが、そうすると
先送り病になってしまうわけです。
今までの私はこの状態でしたが
ここ数日より先送り病を根絶しながら

「なんでもすぐやりながら軌道修正する」

という方針にしたわけです。

しかしながら

「なんでもすぐやると雑になるのではないか」

という考えも出てきますし
そういう質問もきていました。

確かにそうだよな、と思っていたわけですが
一言言葉を付け加えようと思いました。

それは

「なんでもすぐに丁寧にやる」

ということです。

これは言うのは簡単ですが
とても難しい行動ですね。

しかしながら、驚くことに
ここ数日の私はこれができています。

大切なのは、しっかり睡眠をとるなど
健康面がしっかりしていることと
ノンストレスな毎日を送っていて
状態管理ができているからなのでしょう。

なんでもすぐに丁寧にやりながら
軌道修正をすることをし続ければ
より人生がお得で楽しいものになりますね。

1室でも空室でお困りのオーナー様
お気軽にメッセージくださいね。

=================================
不動産を購入して
空室をゼロにするための方法を
LINE@で配信しています。

最新空室対策セミナーを
無料配布させていただいております。

↓ご登録はこちら↓
https://landing.lineml.jp/r/1598308196-M0xzYg4j?lp=yFa3sO

情報だけでも受け取ってくださいね。
===================================

空室対策メールマガジン

空室対策メールマガジンでは実践による成功事例や運用ノウハウを定期的にお届けしています。