コンテンツへスキップ

社長を信じすぎている担当者

こんにちは。

空室対策コンサルタント尾嶋健信です。

自分の物件をお願いしている
不動産管理会社の担当者が

その会社の社長を
信じきっている場合
少し距離をおいて
観察することをおすすめします。

「社員が社長を信じるのは
問題ないのでは?」

と思うのは当然なのですが
私は少し、問題だと考えます。

理由は簡単で
社員が社長を信じきってるほど
物件の現状を伝える力が鈍るからです。

鈍るというか遠慮が出る
が正解でしょうか?
いずれにしても、いいことないです。

そのため
社員が社長を信じきってる場合は
その社員さんのあなたの物件の
提案は3割程度しかお客様に
伝わらないということです。

それはなぜだと思いますか?
なぜかというと
社長のいいなりだからです。

社長に気に入られる
ことしか考えていない
軸が社長にあるため

みなさんのお持ちの
物件に軸をおくのではなく。

自分の会社からの評価や
社長からの評価しか考えてないからです。

愛社精神があるのは、いいことですが

必ずしもプラスに
働くわけではないので
注意した方が良いと思います。

1室でも空室でお困りのオーナー様
お気軽にメッセージくださいね。

=================================
不動産を購入して
空室をゼロにするための方法を
LINE@で配信しています。

最新空室対策セミナーを
無料配布させていただいております。

↓ご登録はこちら↓
https://landing.lineml.jp/r/1598308196-M0xzYg4j?lp=yFa3sO

情報だけでも受け取ってくださいね。
===================================

空室対策メールマガジン

空室対策メールマガジンでは実践による成功事例や運用ノウハウを定期的にお届けしています。