コンテンツへスキップ

保有する物件を
売りに出す際

「写真」

を掲載するのが
ほぼ常識のように
なっています

物件のポータルサイトは
部屋の写真が必ず
といって良いほど
掲載されてますね

ここで周りの
オーナーたちと
差を付けるために

「動画」

の撮影を
お勧めしています

室内の間取りを
動画で撮って
YouTube等へ
掲載するのです

動画のリンクは
予め担当営業マンへ
伝えておきます

そうすれば
入居希望者に
すぐ部屋の雰囲気を
伝えることが可能です

動画の撮影は
スマホでも
十分できますが
私は

「ビデオカメラ」

での撮影を
推奨してます

やはり
ビデオカメラと
スマホでは
画質に差が付きます

少しでも
物件をよく見せれば
成約率アップに
つながりますよ

・==・==・==・==・==・==・==・=
不動産を購入して
空室をゼロにするための方法を
LINE@で配信しています。
最新空室対策セミナーを
無料配布させていただいております。
↓ご登録はこちら↓
https://landing.lineml.jp/r/1598308196-M0xzYg4j?lp=yFa3sO

情報だけでも受け取ってくださいね。
=・==・==・==・==・==・==・==・

空室対策メールマガジン

空室対策メールマガジンでは実践による成功事例や運用ノウハウを定期的にお届けしています。

こんにちは。
空室対策コンサルタント尾嶋健信です。

毎年3月になると
賃貸の更新シーズンに
なります

このとき
入居者が更新するかは

「大家さんに対する評価」

で決まると言えます

ここで言う評価とは
人間性だけでなく

「良い物件を提供したか」

という点も
含まれます

物件に対して
満足していれば
そのまま住んで
くれるはずです

また
クレーム処理の
丁寧さも評価基準に
入ってきます

クレームを入れたのに
なおざりにされたら
継続して住みたいとは
思いませんね

反対に
とても真摯に
対応されたら
印象に残るものです

入居者が物件に
対して

「愛着」

を持ってくれたら
勝負ありです

転勤などの理由が
ない限り
継続して住んで
くれるでしょう

賃貸更新の書類を
取り交わした後の
フォローも忘れては
いけません

一言二言入居者に
伝えるだけでも
印象が変わってきますよ

・==・==・==・==・==・==・==・=
不動産を購入して
空室をゼロにするための方法を
LINE@で配信しています。
最新空室対策セミナーを
無料配布させていただいております。
↓ご登録はこちら↓
https://landing.lineml.jp/r/1598308196-M0xzYg4j?lp=yFa3sO

情報だけでも受け取ってくださいね。
=・==・==・==・==・==・==・==・

空室対策メールマガジン

空室対策メールマガジンでは実践による成功事例や運用ノウハウを定期的にお届けしています。

こんにちは。
空室対策コンサルタント尾嶋健信です。

 

「2階の住人がうるさい」

「クーラーが壊れた」

など
不動産経営をしていると
クレームは避けられません

クレームが出た際に
これを丁寧に対応する
ことで退去者を
減らせます

クレーム対応は
オーナーと入居者の
接点となります

クレーム対応を
きっかけに
入居者と良い関係を
構築するのです

「丁寧に対応してくれた」

と入居者に思ってもらえば
満足度が高まります

クレーム対応を
適当にしてしまうと
退去の原因と
なってしまいます

もちろん
度が過ぎるクレームには
対応する必要は
ありません

こちらの精神が
すり減るだけです

ただ
通常のクレームであれば
真摯に対応して
入居者の信頼を得ましょう

退去を防ぐことこそ

「究極の空室対策」

なのです

・==・==・==・==・==・==・==・=
不動産を購入して
空室をゼロにするための方法を
LINE@で配信しています。
最新空室対策セミナーを
無料配布させていただいております。
↓ご登録はこちら↓
https://landing.lineml.jp/r/1598308196-M0xzYg4j?lp=yFa3sO

情報だけでも受け取ってくださいね。
=・==・==・==・==・==・==・==・

空室対策メールマガジン

空室対策メールマガジンでは実践による成功事例や運用ノウハウを定期的にお届けしています。