コンテンツへスキップ

明日は満室塾です。

私のパートでは、秋の繁忙期対策、
について、集中講義をしよう、
と考えています。

昨日も、都内の新築アパートで
12戸中、管理会社を変えても
2戸しか埋まっていない。。

という相談を受けました。

3月に購入した、という事ですので
4月から半年間は金利のみの支払いだと思うのですが
10月から返済が始まります。

これで空室がうまっていなかったら
どえらいことですね。

少しでもその方のお力になりたい、
と思います。

空室を満室にするための違い、
違いをもたらす違い、とは何なのか、
私はよく考えます。

おそらくはほんのちょっとした違い、
なのかもしれません。

その肝を明日のセミナーでは
しっかりとお伝えしようと思います。

私の秋の繁忙期対策の戦略を
ご披露したいと思います。

シンプルだがインパクトがある空室対策です。

興味がある方は時間を作って
参加してみることをおススメします。

ゲスト講師もママ大家の岩崎えりさん、
ステージングのプロ、清水信宏さん

で内容盛りだくさんでお届けします。

以下のURLよりご参加いただければと思います。

https://ex-pa.jp/item/9377

 

今日の写真は、経営者仲間と紀尾井町 三谷の
個室を貸し切って食事会をした時の写真です。

握り手の加藤さんは8月でこちらを退職。
万を持して独立されます。
行くのが楽しみでなりません。

空室対策メールマガジン

空室対策メールマガジンでは実践による成功事例や運用ノウハウを定期的にお届けしています。

私は独立した8年前、ピークで体重88kgでした。

それで当時、糖尿病を克服した友人が推奨していた
江部 康二先生の「主食をやめると健康になる」

⇒ https://amzn.to/2LaQjKF

これどおりにやり、1年後には65kgになりました。

しかし、あれから6年じわじわリバウンドしていき
ついに昨年の12月、83,7kgになってしまいました。。

オーダーで作ったスーツは見事に着れなくなり、
シャツは着圧のシャツを着て無理くり着ていたのです。

さらにおいうちをかけるように
健康診断F判定が出て、生命の危機を感じ、
ふたたびダイエットをすることを決意したのです。

私は現在、ある程度、健康管理の仕組み化ができたので
それをまとめてみます。

要点だけを簡単に書きますと

1.毎日体重を測る
2.与沢翼さんTwitterで刺激を受ける
3.結果をインスタ・Facebookのストーリーに公開する
4.規則正しい生活を送る
5.その日のうちに寝る
6.有酸素運動を定期的に行う
7.糖分・揚げ物・アルコールを控える
8.1日3食摂る(朝ヨーグルト、昼おかずのみ、夜野菜中心)
9.水を1日4リットルは摂る
10.週1回断食をする(美味い物食べた翌日は特に)

長くなりそうなので、何回かに分けて
公開したいと思います。

1.毎日体重を測る

私はFINCという有料アプリを使っています。

これは契約すると、アプリと連動している体重計が
送られてきて、測ったら情報をアプリに送信できます。

そうするとデータが反映され
気軽に記録を残していくことができるのでおススメです。

これは、Facebook広告か何かで
ノリで買ったアプリなので、
他にもっといいものがあるかもしれないですね。

まあ、私にはあいました。

2.与沢翼さんTwitterで刺激を受ける

与沢翼公式Twitter

⇒ https://twitter.com/tsubasa_yozawa

与沢さんの2ヵ月で20kg痩せた65日間のダイエット記録が
Twitterで公開されています。

これは超絶刺激を受けます。

というのも、お金を稼ぐのも、痩せるのも、
本質は変わらない、だからデブはマインドセットが
できていない!

とか、自戒だか、煽りだか、分からないつぶやきに
起業家気質の方はみんな刺激を受けるはずです。

私もその1人で、特にやりはじめの部分は
相当刺激受けるので、これはおススメです。

3.結果をインスタ・Facebookのストーリーに公開する

24時間以内に消えますし、
見ている人は友人ばかりなので
気軽に公開ダイエットできます。

やってみて分かったのが
翌日体重が増えた場合、調整をかけようという意識が
強くなるのが何よりも良いです。

4.規則正しい生活を送る
5.その日のうちに寝る

これは実は私が行っている投資活動ともリンクしますが
規則正しい食生活はとても重要かと思います。

あと、その日のうちに寝る、
理想は22時、しかも空腹状態で寝ると良いようです。

22時は成長ホルモンが活性化し、
胃腸の動きも活発になるようです。

体重を毎日測ると分かるのですが
一番体重が減っているのは、朝一で測ったタイミングです。

参考になりましたでしょうか?
参考になっただけでなく、良さそうなものは
ぜひ取り入れてみて下さいね。

続きはまた次回。

空室対策メールマガジン

空室対策メールマガジンでは実践による成功事例や運用ノウハウを定期的にお届けしています。

写真は大好きな「鮓ふじなが」に行った時のものです。

昨年末に出版をして以降、
出版記念セミナーを少人数で行いながら

多くの不動産投資家さんと
セミナーを通して対話をしてきました。

なぜかというと、
私は今まで、

年収700万以上の40代男性サラリーマン不動産投資家

にペルソナ設定をして
それに近い方々とビジネスをして参りました。

明確にターゲティングできていたし
WINWINの関係を築けて
とても楽しい毎日だったのです。

ところが2017年あたりには
いきすぎた不動産投資が増えるなど
サラリーマン不動産投資バブル
が間違いなく終焉をむかえる、

と予測できる出来事が多発しました。

 

その代表が、かぼちゃの馬車でしょう。
私は、かぼちゃの馬車被害者救済セミナーを行い
対話をしてきたのです。

現状、不動産投資に
初心者サラリーマンが新規参入するのは
かなりハードルが高くなっています。

 

このような異常な状況下で
私と関わる人全員がWINWINとなるために

誰を対象に、何を伝えればいいのか、

伝えることはたくさんあるし
様々な切り口で伝えられるだけの経験はある。

しかし、誰に、何を、
が分からない。

この半年は暗中模索状態でした。

なぜかというと、勝ち組と負け組を
如実に見てきたのです。

 

全くの不動産投資初心者なのに
メガ大家になった方がいたり、、、

かぼちゃの馬車が代表格なのですが、
不動産業者と銀行にハメられて
儲からない不動産を購入してしまった方がいたり、、、

一方、儲かる不動産が次々に買えて
サラリーマンを卒業し、人生を謳歌したいが
その方法が分からない方がいたり、、、

ノウハウは知っているのに
行動が起こせず停滞気味の方がいたり、、、

 

年収700万以上の男性サラリーマン不動産投資家の中の
明暗がはっきり分かれてしまっていました。

この場合、私はビジネスという観点から
2つの選択肢が考えられます。

勝ち組のみを対象とする、
もしくは負け組のみを対象とする、です。

しかし、それはできませんでした。
なぜなら、満室塾や登壇するセミナーには
その勝ち組と負け組が混在しています。

何とかしたい、と強く思いました。

だからこそ、私はその両方、
関わる人が全員がWINWINになる、
そのための、誰に、何を、を模索してきたのです。

 

そして、ついに分かりました。

私の強みである空室対策コンサルティング、
これを生かしながら、私と関わる人全員WINWINになる、
そのビジョンが明確に見えてきました。

それを、平日夜限定ではありますが
個別面談という形で
不動産投資家を中心に
しっかり伝えて参りたいと思います。

自分で言うのもなんですが
全てがつながった、と思っています。

今年の後半戦は、それを伝えて参ります。
こういう取組みができて本当にワクワクしますし
本当に幸せなことですね。

興味がある方は、以下よりお申込み下さい。
ちょこちょこ埋まってきております。

 

尾嶋健信の本気の個別面談 面談料1,000円

https://ex-pa.jp/item/9375

 

空室対策メールマガジン

空室対策メールマガジンでは実践による成功事例や運用ノウハウを定期的にお届けしています。