コンテンツへスキップ

「入居者の退去を認めない」なんてそんな事できるの❓

タイトルを読んだ時にそう思われた方も多いかもしれませんね

しかし、これは満室経営をするにあたって、とても大切な考え方なんです

不動産投資家で入居者の解約理由を反省し振り返りを行い改善を行っている方はほんの一握りです

よく私がコンサルをするときに不動産投資家さんに

「今回の解約理由は何ですか

と質問をすることがあります

そうすると「更新のためのようですね」という回答が返ってくることがあります

その振り返りをしない不動産投資家は実にもったいないことをしている、と思います

・更新をしない気持ちにさせたあなたの物件の反省は何か

・何かを改善することによって更新してもらえるよう提案できないか

など様々な施策を打つことができるのです

 

満室経営維持の基本的な考え方

さて、ここでもう1つ質問です

「上記の例には満室経営維持の基本的な考え方がベースにあります。さて、それは何でしょうか❓

この退去を認めない、退去の理由を振り返る

この逆算思考こそが満室経営維持の基本なんです

その考え方とは

「物理的にやむを得ない解約、つまり“卒業”以外は、解約は認めない。」

これをしっかり腹に落とすことです

この決意、覚悟こそが満室経営維持の第一歩です

それでは、またご連絡しますね

空室対策メールマガジン

空室対策メールマガジンでは実践による成功事例や運用ノウハウを定期的にお届けしています。

本日は“人気物件”についてお話しさせて頂きます

まず質問をしたいのですが人気物件とはどういう状態をいうのでしょうか

 常に満室で退去待ちをしている希望者が多数いる物件でしょうか
 確かにそういう物件はこの世に存在しますがこれはマスコミなどを使って認知させる必要がありとてもハードルは高いです

一方、私が考える“人気物件”とは賃貸の仲介営業マンがその物件を覚えています

物件が空く前から内見者に「おススメですよ!」と紹介してくれる賃貸の仲介営業マンにとっての“人気物件”です

内見をとれる物件は確実に満室になる

「空室対策はまず内見ありき」

このことは今までも私が口を酸っぱくするほど繰り返しお話ししてきましたね

そのくらい大切なんです

安定的に内見が取れるとまず確実に満室になります

というのも、内見が取れれば、仮に決まらなかったとしても決まらなかった原因をつぶしていくことができます

そうなると、3-5回内見を取れればそこで成約していくのです

“決まるシナリオ”こそ重要

賃貸の仲介営業マンはどうやって賃貸物件を決めていくのでしょう❓

有名な賃貸成約の基本テクニックに「当て」「中」「決め」というものがあります

内見者が希望したスペックに対して連れていく順番を演出したものが「当て」「中」「決め」です❣

最初は内見者ががっかりするような物件に連れていき(当て)

次にまあまあの物件に行き(中)

最後にとっておきの部屋に連れていく(決め)❤

その決め物件としての内見を私たちは獲得していかなければいけません

賃貸の仲介営業マンにいかに自分の物件を気に入ってもらえるか

気にしてもらえるか

まず、このことをしっかり取り組むことが満室経営の第一歩です

明日は、「入居者に退去を認めない方法」について解説させて頂く予定です

それでは、またご連絡しますね

空室対策メールマガジン

空室対策メールマガジンでは実践による成功事例や運用ノウハウを定期的にお届けしています。

今から10年以上前、不動産会社のサラリーマンの私は、1部屋の空室対策に、苦労していました

また、1部屋の滞納がなかなか解消されず、クレーム処理も十分に満足を与えられませんでした

ところが・・・

“あるきっかけ”を境に、人生が好転していきました✨

ある不動産管理会社主催の勉強会に参加した際に「ハッ!」と気づいたのです

自分は自分の都合で仕事を進めてきたのではないのかと。。

自分の都合では問題は解決しない。相手の立場に立って問題を解決していこう

その後、私は相手の立場に立って問題を解決することで満室経営のオリジナルのノウハウを構築していきました

これが、私の原点です

 

ここで1つ質問です☝

あなたは、成功するためには、非常に長期間の時間をかける必要がある、と“錯覚”していませんか❓

実は、私に言わせれば、成功するために、無駄な時間をかける必要は無いのです

なぜなら、成功に必要なのは、“誤った戦略”ではなく、“正しい戦略”が、“無駄な努力”ではなく、“正しい努力”があれば良いだけだからです

ですから、もしもあなたが短期間で成功したいと思えば、“正しい戦略”にそって、“正しい努力”を粛々と実行していくだけで良いのです

もちろん、不安に思う必要はありません

あなたは、すでにこのLineで動画をご覧になり、初歩的なテクニックは全て学びました

これから私と一緒に行うことは、そのテクニックを組み合わせることです

“バラバラのテクニック”を、“戦略”として統合することです

実際、あなたはあと「ほんの少しの努力」で、満室経営の仕組みを手に入れるステージにいます

これから私が“渾身の力”を込めてお届けするフォローメッセージを、あなたが読み終わった後・・

あなたは、“完璧なまでに”満室経営の仕組みを作り終えている

これが、このフォローメッセージの理想です

さあ、あなたの新しい人生を、一緒に形作っていきましょう

明日は、「人気物件を作る技術」について解説させて頂く予定です

空室対策メールマガジン

空室対策メールマガジンでは実践による成功事例や運用ノウハウを定期的にお届けしています。